注目される理由をしっかり知り、自分の満足いく結果にできるようにクリニックを活用する

ぱっちりした目元

医者

腫れぼったい目なら切開法

二重整形といっても理想の幅など人それぞれ好みがあるため、自分に合った施術方法を選ぶことが大切になります。まぶたが腫れぼったく、ノリやシールなどで二重にしようとしても弾けてしまう目元の場合は、切開法での施術が適切です。まぶたを切開して二重の線を作り縫い合わせるという方法で、切開した際に余分な脂肪を除去することもできるため幅広のぱっちりした目元に仕上げられます。切開手術なので施術時間は1時間30分ほどかかりますが、効果は半永久的に続きます。奥二重をもう少しくっきりしたナチュラルな二重にしたい場合は、埋没法で行うのがおすすめです。まぶたを切開しないプチ整形と呼ばれる方法で、施術時間も15分から20分と短いのが特徴です。まぶたの裏側から糸で留めるだけなので、幅を変えたくなれば糸を切ってやり直すことができます。費用は切開法の方が高くなり、ダウンタイムも長めになります。費用はもちろん、どのような仕上がりになるのかなど、カウンセリングで確認しておきましょう。

二重整形にかかる費用は、施術方法によって異なります。埋没法は糸を留める箇所が多いほど高くなりますが、10万円から15万円ほどが相場となります。切開法の場合は費用がそれよりも高くなり、30万円ほどが相場です。美容整形の口コミなどで、実際に二重整形をした人の声を聞くことができますが、メスを使わない埋没法の施術を受けている人が多いようです。埋没法を受けた人の口コミでは、ナチュラルな仕上がりで気に入っている、施術時間も短いのであっという間に理想の目元になれたと喜んでいる声がたくさん聞かれます。切開法については、埋没法で取れてしまったので行ったという人が多く、糸が切れることを気にせず洗顔ができるようになった、ぱっちりしたハーフのような目元になったとの意見が多くを占めています。二重整形を受けた人のほとんどが仕上がりに満足をしており、毎日が楽しくなったと感じているようです。二重整形は数ある施術の中で最も人気のある施術の一つであり、抵抗なく受けられるのでしょう。